子宮筋腫の顕微鏡手術|妊娠出産まで

子宮ポリープの種類と治療

子宮ポリープには自覚症状がない場合が多く、放置されがちの良性腫瘍です。
子宮ポリープには子宮内膜ポリープと子宮頸管ポリープの2種類があります。
できる場所が違うので呼び方も違っているんですが、まとめて子宮ポリープとよんでいます。

 

発生頻度が多いのは子宮頸管ポリープです。
子宮頸管ポリープは柔らかい組織で形成されているために少しの刺激で出血する場合があります。
性交後などに出血を起こす場合が多いです。
またごくごくまれではありますがポリープがガン化することもあります。

 

一方子宮内膜ポリープは子宮頸管ポリープより頻度も少なく、生理の時の出血に合わせて自然に取れてしまうことが多いポリープです。

 

子宮ポリープができる原因としてははっきりと明らかにはなっていませんが、女性ホルモンのバランスの乱れや最近による炎症だと言われています。
だいたい30代〜50代の女性に多く見られます。

 

検査は問診と膣鏡・子宮鏡などを使って診察を行います。
不正出血など気になる症状がない場合はそのまま治療をしないケースが多いですが、ポリープを切除してガンでないか確認する場合もあります。
切除する場合も痛みはほとんどありませんし、すぐに処置も終了します。

 

子宮ポリープは一度切除してもまた時間の経過とともに再発するケースもあります。

腰痛