子宮筋腫の顕微鏡手術|妊娠出産まで

身近に子宮の病気で悩んでいる方って結構多いと思います。
まず私の父親の妹さん達は皆、子宮ガン、子宮筋腫です。
ただ皆さん、現在は元気に過ごしています。

 

そして私の姉が子宮内膜症です
今から10年位前の姉が30代中頃、病院で子宮内膜症と診断されました。
姉は大学病院での手術を望みましたがベッドが満室でとても手術はすぐには無理そうです。

 

そこで知人の話を聞いて自宅から少し離れてはいましたが、綺麗な産婦人科クリニックで手術して貰うことになりました。
ただそこのお医者さんではななく、ベテランの大学病院の先生に執刀して貰うことになりました。
驚いたことに手術の当日に、ベテランの先生が来れなくなり若い先生が手術することになったそうです。

 

痛さに耐えられなくなった姉は渋々若い先生に手術して貰いました。
とりあえず右側だけ手術して貰ったそうです。
その手術の時の映像を収めたビデオテープも貰いました。

 

開腹手術だと時間がかかるので、腹腔鏡手術を選択しています。
その後5年もしない内に、今度は左側も手術して貰うことになりました。
今回は希望していた大学病院で、ちゃんとベテランの先生に腹腔鏡手術をして貰いました。

 

この時の手術の方が丁寧で術後もそんなに痛みが無かったそうです。
姉は元々生理痛の酷い人だったので、酷い人は一度診断を受けた方が良いです。
現在も大学病院で漢方を飲みながら過ごしています。
子宮内膜症の症状改善

腰痛