子宮筋腫の顕微鏡手術|妊娠出産まで

子宮ガン、婦人科検診で早期発見・早期治療

私の叔母は子宮ガンで亡くなりました。
実は私が中学生の頃、叔母が下腹部をさすりながら
「ここにクリクリしたものがあるのよね」
と言うのを聞いた私の母が
「一度病院で診てもらったほうがいいんじゃない」
と言うと
「恥ずかしいじゃない」
「恥ずかしいって、何が?」
「あの台にあがるのが、どうも嫌なのよ」

 

子宮筋腫手術しないで改善

 

このような会話があったのを覚えています。
私が大学を卒業した頃、叔母が子宮筋腫で入院したという話を聞き、
お見舞いに行きましたが、そのとき既に子宮がんを患っていて
その数年後に叔母は亡くなりました。

 

叔母が産婦人科の定期健診を受けていたらと思うと悔やまれてなりませんが、
出産経験のある叔母ですら「恥ずかしい」と言っていたのだから
出産経験のない女性なら定期健診どころか、死ぬまで
産婦人科に行く気のない人がけっこういるのではないでしょうか。

 

最近はVIO脱毛が流行になって、アンダーヘアを永久脱毛するのに
自分のデリケートゾーンを脱毛サロンで晒すというのに、
産婦人科には行くつもりがないのだとしたら恐ろしいことだと思います。

 

言うまでもなく、ガンをはじめ全ての疾患は
早期に見つけて早期に治療することが大事なのですから、
産婦人科で検診を受けることは「女のたしなみ」くらいの感覚が常識的に見につくように
保健体育など教育の現場で啓蒙していく必要があると思います。
http://xn--1lru7efxiuz3b.biz/

腰痛